クラスタ システムとの違い

クラスタ・システム VS 無停止型サーバ ftServer

システムの耐障害性を高める対策として、複数のハードウェアを連結して冗長化し可用性を高めるクラスタ・システムの手法があります。このクラスタ・システムとftServerの違いをご説明します。

クラスタシステムとftServerの違い構成図

クラスタ システムとの違い

単体のサーバで安価なものを2台用意すればコストを抑えられそうですが、実はクラスタ方式には気をつけなくてはならないポイントがいくつかあります。

導入コストの違いは?

クラスタ・システムではアプリケーションをクラスタ対応に変更、あるいはスクリプトを作成しそのテストが必要となります。システムインテグレータに構築を依頼する場合、多額のコストがかかります。データを待機系に移行するにはファイバーチャネルなどで共有ディスク構成にしなくてはならず、ここでもコストがかかります。ソフトウェアのライセンスも2台分必要な事があります。

クラスタ構成と工数比較 クラスタ構成と工数比較_拡大図

障害発生時の業務影響と復旧方法は?

クラスタ・システムでは障害時に待機系に切替わる際に業務が停止します(フェイルオーバ)。一般に数十秒から数十分程度停止し、その間はサービスができなくなります。

クラスタ・システムではマシンが切り替る為、メモリーやキャッシュのデータが無くなってしまう事も大きな問題です。

クラスタ構成とftServerの信頼性比較 クラスタ構成とftServerの信頼性比較_拡大

システム運用コストは?

クラスタは通常、運用が煩雑でコスト高となります。2台のサーバのメンテが必要なだけでなく、クラスタのスキルのある人が運用しないと思わぬトラブルに巻き込まれる事も。待機系に切替わるとメイン系への切り戻し(フェイルバック)が必要な事もあります。運用はずっと続くので、一般にシステム構築費より高額になります。

クラスタ構成とコスト比較 クラスタ構成とコスト比較_拡大

スプリット・ブレイン・シンドロームとは?

クラスタサーバではハートビート信号の監視により、本番系サーバからの応答がなくなった時に、待機系サーバに切り替わる仕組みが一般的に使用されています。本番系と待機系とはイーサネットを利用してお互いの稼動状態を検出していますが、HUB等のネットワーク機器やネットワーク回線、LANカード等の障害によるインターコネクトの切断、または、本番系が高負荷になることによるレスポンスのタイムアウト等により、待機系もファイルシステムをマウントしてしまい、データ破壊を引き起こします。このような現象を『スプリット・ブレイン・シンドローム』と呼びます。しかし、ストラタスの「フォールト・トレラント・サーバ」(無停止型サーバ)では発生しません。

お問い合わせ 見積依頼 資料ダウンロード
ログイン・会員登録 見積依頼、資料ダウンロードにはログインまたは新規会員登録が必要です。
会員ログイン 新規会員登録
ftServerパートナーポータル

関連情報